FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
政は温もり
自殺に関わる須坂市の対応について。

県世論調査協会は9月10日、埼玉県立大学などと共同で行った「健康とライフスタイル」調査で、松本市民を対象に行った意識調査で、「本気で自殺したいと考えたことがあるか」の質問に市民全体の24.0%が「ある」と答えたと信濃毎日新聞は9月11日報じたが、このことは大変ショッキングなことであった。
 
自殺に関わる須坂市の対応について、私は12月11日に福祉環境委員会が開かれたが、所管課である健康づくり課の調査研究でこの課題と取り組みを質した。須坂市は平成23年度は15名の方が自ら命を絶ったとのことである。この課題について私はかって同委員会で取り上げたことがあるが、あれから時が経るなかで、市は継続して真摯に自殺防止に関して向き合っていることが、担当者からの進捗状況並びに担当課長の対応策の説明を聞く程に理解は深まった。一つ感服したのは市民に直接対応している職員から、現場の生の状況が聞けたことである。市民の命を守ろうと必死である姿が窺え頼もしく感じた。市民は須坂の宝であり天寿を全うして欲しいねがいと温もりか・・・。

自殺は心のやまいである。若者が抱く将来の不安と挫折、病気等による人生の失望感、就職への不安や焦り、離職や失業更には倒産等の経済的不安による刹那的無情感等様々な要因かと言える。これらの不安に対して最も身近な家族や友人の支えが必要ではあるが、更に恩着せがましくないエールとして、自治体の役目が肝要で、民生的な行政の差しのべが大切と思う。市に相談に見えられた悩める相談者に笑顔が戻れば、これこそは人生再生の第一歩であると考えている。その意味でも市の担当所管課職員の役割は大きく偉大と言える。

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/338-9eaa232c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)