FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
議会運営委員会の行政視察
先進市行政視察、亀山市・四日市で研修

須坂市議会運営委員会委員は、10月15日三重県亀山市を訪問しました。亀山市議会の取り組んだ「市議会基本条例による市民との意見交換の場の設置、反問権、議員相互間の自由討議、議会改革推進会議の現状」をつぶさに教えを乞うためのものでした。


亀山市議会HPへ

翌、16日一行は、三重県四日市を訪問しました。四日市市議会が取組んだ「市議会基本条例」と「通年議会を採用」するに至った経緯と通年議会のメリットとデメリットを学びました。

四日市議会HPへ


通年議会に対する課題や反問権、議員間の討論、文書質問等については、小職なりに自主研究を進めており、それなりの意見もまとまりつつありますが、後日まとめて発表する機会があるでしょう。

 視察を終えて感じることは、議会で大切なのは採決における可決なり否決の結論ではなく、個々の議員が議案に対しての調査研究を尽くし、議会の場で結論を導き出すに至る経過で、どのような理由付でこの議案に疑義を感じ、この議案が可決され、市長部局における予算執行なり条例執行が如何様に市民益につながるか。この議案を成果ならしめるためにどんな思考を為し、且つ質し得たか。己の真摯な思いを託して発言をし意思表示をしたか否か。人気取りのために私情に流されることはなかったか。信念を貫いた理論建てであったかが最も大切な議員としての責務であると思います。換言すれば「自ら反(かえり)みて、縮(なお)くんば、千万人といえども吾れ往(ゆ)かん」の心意気をいつも持っているかと申せます。

 議員の集合的機関である議会は、徒に公開度を競うのではなく、議会の可視化に重きを置き、議会が主権者たる市民にどれほど市政に関心を持たせるかにあります。議会は即ち市民の市政感心度と相対的なものであり、お任せ民主主義感覚の市民が多数な市では、議会改革推進など望むべくもなく議会制民主主義などありえない。ぬるま湯感覚の市民が多数占めている市であれば、そんな市は議会も所詮ぬるま湯議会でしかありません。これが私が主張する議会と市民の相対関係です。

 然らば市民の代弁者たる議員は、憲法の条文を少なくとも百回は判読すべきです。専門書で無くても良いから、中学生向けの憲法入門の類書を十分に読みこんでから、憲法を口に出して欲しい。刑法然り、民法亦然り。断片的クイズ的法知識を振りまわされても、大義を解していない者との討議なり討論は結局は法律論でなく、クイズの回答を求めるレベルであって、何ら市民のための利益を得る討議とは言えません。寧ろはてはてこの御仁は憲法を一度も読んだことなどない御仁では、どうりで話しがかみ合わないこととなります。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/303-8a08de27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)