FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
議会は功名を求めず、只管役割を果すのみ
教育委員会は陸砂利採取地跡に給食センタ―の建物を断念!

市教育委員会は、本日(10月12日)の総務文教委員会で、「新学校給食給食センタ―の建設候補地は建設地としてふさわしくない」とし、建設候補地を白紙撤回し別の場所を探す考えを示しました。

【本件の経緯と顛末について】
8月28日の9月定例会招集日における議案上程において、小職は補正予算に計上された「学校給食センター施設整備事業に関して地質調査委託料600万円」について、補正予算上程の理由を質しました。以外にも理由は「陸砂利採取地であったことが判明したから」でした。即座に宅建取引業と行政書士を営んで来た私の経験からして、陸砂利採取跡地は用途によっても異なりますが、この土地の上に住宅等を建設することはタブーなことであり、増してや重量のある公共建物には不適切な土地であると言い切れます。そこで再度「陸砂利採取地であったこと自体、最早、学校給食センター施設地として馴染まない土地である認識はないのか」と質疑に及びました。これが今回の補正予算における争点の端緒です。

 教育委員会は9月18日開かれた予算決算特別委員会総務文教分科会における、「新須坂市学校給食センターの建設について」の審査で、「9月末の調査結果(当初予算で実施した調査結果)に基づき、専門家の意見を聞いて第一次の判断をし、その後の対応を検討する。ふさわしい候補地でないという判断となった場合、その時点で詳細な調査は行わない。従って予算の執行はない。」内容の文書を示しました。

 然し、提出された文書の文言で「ふさわしい候補地でないという判断」箇所が、極めて抽象的であいまいな表現の言い回しであり、具体的な条件等も明記された文言でないことから、小職は予算決算特別委員長として副委員長等と協議し、この提出された文書の文言の「用地決定協議における静的安全のスタンスと、条件不成就における解除条件付予算執行」を担保する意味で、9月25日の本会議に予算決算特別委員会の意思として、付帯決議を提出し議会として議決したものです。

 教育委員会が議会の付帯決議の意を解し、「候補地白紙」の英断に踏み切ったことは、大変勇気のいる選択であったと斟酌します。茲に改めて教育委員会の勇気ある決断を高く評価したいと思います。

 小職の経験上からの真摯な諫言が仮に大きな忠告成りえたとしても、「議員は決して功名を求めず、市民の負託に応えるために、只管(ひたすら)議員の役目のために忠実であるが本分」と思っております。寧ろ聞く耳をもった須坂市の姿勢が高く評価されるものと誇らしく感じます。



給食センター候補地は陸砂利採取地跡
学校給食センター候補地を白紙撤回 

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/302-ab617643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)