FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
夫々の避暑法
盛夏も残暑も同じ暑さの信州だに

残暑が極めて厳しい。沖縄よりも信州信濃が厳しいとはどういうことか。海抜が高くて然も四方が高山に囲まれた盆地であること。本州の真ん中に位置し海なし県であること。その点、沖縄は四方が海に囲まれていて海風が気温を下げるとのことらしい。
してみれば、今の気温はとネットで調べてみた。(午後3時の記録)
  長野 32℃
  札幌 22.8℃
  仙台 29.4℃
  新潟 30,2℃
  熊谷 33℃
  東京 30.8℃
  大阪 32.2℃
  福岡 25.2℃
  鹿児島27.3℃
  沖縄 27.9℃
 なるほど、盆地や平野で海から遠い熊谷や長野の気温が高いことが分かる。

こんな時は涼を求めて若い時は泳ぎに行ったが、とてもこの歳では泳ぐ気にはなれない。と言って読書も御免だ。こんな時は、一風呂浴びて涼を求めることとしたい。温泉に浸ってぼけーとすれば心身共に休まるものである。
私は一家で温泉に行くときに、必ず籐枕を持参する。入浴後に必ず仮眠をとるのだが、座布団を二つ折にして仮眠することは、ラーメンとライスを同時に食べるようで好かない。枕を持参しないときは、タオルを渦巻き状に丸めて枕にして仮眠をとる。この手作りの枕は頭が固定し意外に重宝で安眠できる。

入浴の手順は凡そ次のとおりである・・・。
先ず、掛け湯を浴びる。
足浴に横たわり、足の裏にジェット噴射を浴びること凡そ5分。日頃の歩行不足を補うためである。
深浴槽(立ち浴槽)に移り、肩・腰にジェット噴射でマッサージ。背骨の廻りの筋肉をほぐす。

全身を頭の先から足の先まで洗う。髭そりにたっぷりと時間をかける。
強めのシャワーで皮膚に残ったシェービングや石鹸を洗い落とす。

湯舟脇のベンチに座って、入浴中の人々のしぐさ観察をしながら汗を流すに10分。
タオルで汗をぬぐうと、二回絞っても汗は零れおちる。これがへたなサウナより発汗する。

温泉湯舟に浸かってゆっくり指を百回握って開く運動をする。
強力なシャワーを浴びてマッサージ兼見えない石鹸を頭皮や皮膚から洗い流してあがる
休憩所で麦茶か茶を飲んで仮眠。

ひと眠りして再入浴の場合は・・・
温泉に浸かって、誰も浴室にいないときは民謡を一曲歌って大の字で浴槽に入る。
ベンチに座って、十分汗をかく
強力なシャワーを浴びて、皮膚を刺激して汗を流しあがる。
休憩所で麦茶を飲みながら、仮眠か録音しておいたラジオ講座を聞き流す。或いはもりそばを食す。

再々入浴の場合は・・・
湯ぶねに入って、お箱の新相馬節を歌って時計代わりとする。
湯ぶねを出て、ベンチに座って入浴中の人々のしぐさ観察をしながら汗を流すに10分
汗を十分かいたら・・・
強力なシャワーを浴びて汗を流してあがる。
休憩所で麦茶を飲んで安静に過す。

凡そ半日の静養を済ませて家路に着く。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/286-47dbbcd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)