FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
6月定例会一般質問で質したい事案 1
須坂市民の幸せを叶える財政確保のために

 市長が6月定例議会招集あいさつにおいて、日本経済の見通や須坂市の景況感について、更に須坂市が掌握する市内の企業の最新情報について、縷々陳述された内容から凡その経済状況を理解することができました。定例会冒頭に陳述される謂わば市長の経済視点発言に興味があります。
 
 因みに、日銀松本支店の金融経済動向とりわけ6月6日発表の長野県経済は、「なお横ばい圏内にあるが、持ち直しに向かう動きが広がっている」とのことであります。その内容は
「最終需要の動向をみると・・・
 〇公共投資は国の当初予算が抑制的なものとなっていることから、減少している。
 〇住宅投資は下げ止まっている。
 〇設備投資は持ち直している。
 〇個人消費は底堅く推移している。
 〇輸出は持ち直しに向かう動きが広がっている。
 〇以上のような最終需要のもとで、生産は持ち直しに向かう動きが広がっている。
このほか、雇用・所得では、厳しい状況が続いているが、緩やかに改善している。」との内容であります。

 発表内容は、ここ3ヶ月は殆んど同じ内容であります。我々が思っている以上に欧州危機は深刻なものであることは経済ニュース等を視聴するたびに伝えられるところですが、然しわが国の財政事情も外国では「ギリシャより、日本化するな!」即ち「日本のようになるな」と警戒心を持たれているようであります。何処の国々も財政状況が悪化していることは事実ですが、様々な国との絡み合いの現下の経済状況では『徳政令』はあり得ないことを為政者は肝に銘ずるべきです。

 須坂市への企業進出の朗報として、日滝原産業団地に、この度鋳造部品製造業の長野市篠ノ井のコヤマが新工場を建設のため土地を購入頂いたニュースは、須坂市にとって大変喜ばしいことであり、ご尽力賜わった関係各位に感謝申上げる次第です。雇用の場が広がることからも、須坂市は大歓迎であります。

 更に市内企業では、鈴木が医療機器組立て事業強化、インター須坂流通団地内における、綿半ホームエイドの食品物流センター開設に関する情報がありますが、これも市民の雇用の場の確保と須坂市の財政基盤安定を願う者としては喜ばしく感じます。

 4月26日4会派合同の市議会報告会を開催するなかで、前市代表監査委員今井彰氏から、「監査委員の眼・須坂市の財政の課題について」と題する講演を賜りましたが、今井さんは5点を「須坂市の抱える問題」として示されました。そのうちの3点(①市の収入増を図るためには企業誘致や観光PRに努め、若者が来る町を考えなくてはならないことについて。② 飯田の人形劇や松本のサイトウキネン音楽など一過性でないものへの取組みの必要性について。③ 市の補助金や負担金交付団体の決算で、繰越金が予算の30%もある団体の予算執行の見直しについて。)は、私も全く同じ危惧と願いを抱いておりますので、市議会議員としてこれらを市政に反映したいと発言の機会を窺っております。(文中、敬称を省略いたしました)


関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/251-42da8a80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)