FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
四十九日の法要
時空を越えた約束事

私が兄とも慕う頼みある間柄であった御仁の今日は納骨であった。葬儀の日は議会と重なり、葬儀が営まれる早朝に、私は亡骸に今生の最後の別れを告げて議会に臨んだ・・・
議員の職責にある以上、議会最優先を日々の生活とすることは選挙民との約束で有る以上許されよと、亡骸に葬送に臨席出来ないことを詫びた。あれから早いもので今日は四十九日・・・

読経のあと全員で墓地に移動し、恙無く納骨を済ませた。

この齢になるまでに、数えてみると実に多くの納骨に立ち会ってきた。
少年時代に父、祖母の・・・
成年になってからの妹と母・・・・
更に叔父、叔母・・・そして従兄たちの・・・

血肉分けたる訳ではないが、将に以心伝心、異体同体の表現に相応しい兄弟以上の付き合いをした親友と・・・

思えば、悲しい別れを重ねて来ている。


人の世は邂逅(であい)であるが、これとて合縁奇縁がもたらす糸の手繰り寄せではなかったか・・・
人の命の長さは誰も分からないが、つらつら感じるに人生は将に一炊の夢でしかない。それは、手中で雪玉をどんなに硬く握り締めて造っても、所詮は融けて形を失うものの憐れさに似ている。

然れども、後に残った拘わりのある人々の手によって、懇ろに野辺送りをすることこそ、頼みある時空を越えた約束事の履行であると感じている。

私は、結婚式のお披露目も大切であるが、人生の関わりがあっては、寧ろ今生の別れに立ち会うことこそが男子の本懐と、齢を重ねると共にその思いが増すようになている・・・

故人のご冥福を真摯にお祈りする。万感の感謝を込めて 交誼を賜りありがとうと・・・  合掌




関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/211-30b59e56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)