FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
須坂市長選 現職三木正夫氏が三選される
須坂市長選 現職三木正夫氏が三選される


 任期満了に伴う須坂市長選は15日受付、22日投票日として執行されました。現職の三木正夫氏は三選出馬を、昨年9月市議会定例会で表明されました。

一方今まで二度市長選を争そった永田栄一氏の動向は、彼の意志が二転三転したこともあって、年も明けて大方の市民はもはや永田氏の出馬は無いだろうとの観測でしたが、1月13日一転して出馬表明がなされ、須坂市は俄かに選挙戦に突入することとなりました。

永田氏に限らず対抗馬としての人選は進められたようですが、対抗馬を担ぐ人たちの思惑は、どうも三木市長の刺客としての思惑であり、とてもとても話しに乗れる代物ではなかったようです。

22日の投票結果は、当選13,062票 三木正夫氏、5,263 票 永田栄一氏で、大差をつけての投票結果でありました。投票率は43.89%(男44.26%、女43.55%)と、首長選挙としては一般的に全国的に見ても投票率が毎回下がる傾向にあります。

市民が投票する権利を放棄する行為は遺憾と感じます。このまま民主主義政治が推移した場合は、これこそ民主主義の大前提である「選挙によって選ばれた者による意思決定」の意義が溶解し、制度自身の崩壊につながるのではないか。投票しなかった57%弱の有権者は「投票に行かなかったのは、現職である三木氏に消極的な信任行為を行なった」とでも言うのでしょうか

然し、仮に候補者全員が新人であった場合は、この「消極的な看做(みなし)信任行為論」は通用しないと思います。であれば、投票を放棄した有権者は、元長野県知事で現衆議院議員であられる田中康夫先生が知事時代に良く言われた「おまかせ民主主義」であり、小生が言う「なおざり民主主義」であり「権利の上に眠る民主主義」でしかありません。市民(有権者)はもっと選挙制度の目的を理解し積極的に投票所に足を運ぶことが、己の参政権の行使でもあり、強いては政治に関心を持つ行為であり、況や立候補者に対する負託につながる行為であると思います。

今回の選挙の結果は、須坂市民の大多数は三木氏による8年の須坂市の行財政経営実績を評価し、更に彼に須坂の舵取りを託したと申せます。当選を心よりお祝い申し上げます。


須坂市役所

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/169-3d542854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)