FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
初詣は心新たにする儀式にほかならない
 別所北向観音と善光寺を参拝

 別所北向観音様と善光寺は一時に参拝しないと御利益が無いと言われているが、私は所帯を持ってから年が明けると、興国寺、普願寺と寿泉院は二年詣りで済ませ、時をおいて善光寺、八幡の武水別神社、別所の北向観音は必ず詣でる。

 参拝して、心穏やかに合掌することが、新たなページをめくる儀式と感じるからであるが、これは今では慣習になってしまっている。慣習の怖さは、一通り廻らないと気が済まない。己自身の気持ちの問題であるのかもしれない。参拝するには時間と足が必要だが、今年も幸いなことに健康であるので、昼過ぎに家をでたが、一巡して善光寺に辿りついた時は日もどっぷり暮れようとする黄昏であったが、近頃の携帯電話のカメラは善光寺の黄昏時を撮ることが出来た。まるで昼間の写真のようであるが、黄昏時の証拠は、境内が閑散としていること。香炉から線香の煙が立っていないこと。提灯に灯が灯っていることであるが、今年も無事参拝で来たことを感謝したい。

 
 蛇足であるが、最近の神社仏閣は駐車場を完備していることは大いにけっこうである。然し、何処の神社仏閣も1日500円の駐車料金を前払いとして払わねばならない。参拝するだけならば30分もかかるまい。然し1時間も2時間も駐車するなら問題外だが、1時間以内は無料にする等の心遣いがなければ成るまい。参拝するに賽銭と駐車料金を抱き合わせて頂く魂胆は、神社仏閣の関係者は恥じるべきである。そば屋やラーメン屋に食べに行って食事代の他に駐車料金をとれば、そんなそば屋は二度と客は行かないのと同じである。亦申し合わせたかのように500円であることもいぶかしい。



善光寺と香炉獅子頭

 香炉獅子頭から善光寺本堂を望む

zennkouzi -tasogare

 本堂から香炉と山門を望む善光寺境内の黄昏


zennkouzi -honndou
御存じ!国宝・善光寺本堂

須坂市にある寿泉院・北向観音(随筆)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/166-e55ce3a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)