FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
友・・・坂田山から不帰
 友、坂田山から不帰

山登りをこよなく愛した友あり。天候のよき日は坂田山に登りける。山麓の天徳寺境内の脇に駐車して山登りを常としたり。

 この日(11月10日)は天気晴朗にして、山(坂田山)に登るを告げて親族宅を辞せりて一人山に登る。

 友・・・この日帰らず・・・

 翌朝、家族は捜索願いを出し、地元区長、坂田町区長外区役員、警察、消防署、消防団員多数捜索にあたるも手がかりなし。この日は無情にも降雨にて捜索ヘリ飛べず。苛立ちあるのみ。

 12日曇り。この日も前日同様に地元区長、坂田町区長外区役員、警察、消防署、消防団員多数捜索にあたるも、友は発見されず。雨への苛立ちはなく、只管彼の生存を祈るのみ。

 13日、発見されるも無言にて収容される。家族の思いは通じず一同深き悲しみにうち沈む。

 15日 厳かに葬儀が営まれた。
    小生、遺族よりのたっての願いで弔辞を述べる。
    「君を襲ったアクシデントは何だったのか・・・」と・・・
    「君は高等学校時代に恩師より諭された、善照一隅 是為国宝を常に肝に命じて、心穏やかに生きた人生であったが、不慮の事故で一命を落としたことが悔やまれてならない。さぞかし無念であっただろうに・・・」と問いかけた。

 友一人去り・・・亦一人去る齢(よわい)を生き抜く六十路と相成り、人の世の諸行無常を感じることしきりなり。只々合掌し只管友の冥福を祈るばかりである・・・


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/141-727f11c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)