FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
故郷はみどりなりき 23
いま このときこそ子孫のために

今なお世界中でその猛威をふるっております、新型肺炎コロナウイルス感染症に因る経済の破綻と困窮の影は、容赦なく須坂の中小企業の皆さんにも襲っております。何とかして救わねばなりません。雇用調整助成金、持続化給付金は、企業存亡の将に「轍鮒の急」の一助になると思いますが、コロナウイルス感染症が、ワクチン等の医療的解決を未だ見いだせない現状からすれば、混迷した経済状況は長期化すると覚悟せねばならないでしょう。
    
然し、依然その猛威が治まらない新型肺炎コロナウイルス感染症への恐怖、昨年の台風第19号の完全復旧がなされていない内に襲来するかもしれない、豪雨災害による千曲川の氾濫に伴う水害への不安。浅間山や白根山の火山活動の活発化による地震への脅威、そしてコロナウイルス感染症の経済活動休止に伴う経済の破綻と生計不安、様々な苦難が畳かけておりますが、これらに打ち克つことこそが、子孫に対して贈る、今を生き抜く我々の意気地でしかありません。

いま このときこそ子孫のために、須坂市民が、コロナウイルス感染騒動を起因として、須坂の町からの夜逃げや或いは、尊い命を絶つことを阻止する。これらのためにも市民が一丸となり、自治体たる須坂市を挙げてこの危機をやり過ごせねばなりません。その意味からしても、インター周辺等開発の成就は、須坂のみならず善光寺平に住まう人々に、希望と大きな恵みを齎すものと確信してます。

生命優先の施策と経済復興のための人との交流と、相容れない狭間で我々は人間であるゆえに勘考せねばなりません。市民は各々、いまこのときに一個人として市民のために、須坂市のために何が為せるかを自ら問い、行動を起こすときであります。


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ