FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
ならぬものはならぬ 26
緊急事態39県解除は適正か?

私は、政府が緊急事態宣言解除に手を染めることには反対です。
4月17日に非常事態宣言を発令し、知事に施設の使用停止要請や指示権の執行委任をしていると解するからであります。
5月4日政府は緊急事態宣言を5月31日まで延長と発表したが、5月14日東京など除く39県に解除正式表明をしたが、拙速な判断では無かったかと思います。

39県における解除内容は、各々の県の事情によって異なることを斟酌すれば、国が十把一束にして解除する方はないだろう。専門家委員会からの意見聴取と同時に、全国都道府県の知事から各自治体の現状や実情を聴取集約したうえでの解除に踏み切る
配慮が必要ではありませんか。コロナウイルスに対する具体的な施策や対応は知事に任せるべきであって、国はあくまでも5月31日まで緊急事態を持続すべきです。換言すれば、全責任は国が補償を含めて負うことを鮮明にすべきであると思います。 
 
何故ならば、国が上意下達的に緊急事態宣言解除を行うことによって、知事の具体的な施設の使用停止要請や指示権が失効し、このことによって知事の施設の使用停止要請や指示が執行不能に陥り、人々は3密の縛りを解き巷に溢れ出やしないか心配です。寧ろ、再流行の懸念が募る。更に、緊急事態宣言解除以降の補償要求が知事に強権的に求められることになりやしないかが懸念されるからです。国の無責任な朝令暮改手法は厳に慎むべきであると思います。


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ