FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
「知足」の境地に達した御仁であられた
野村采配野球の再びを望んでいたが・・・

野村克也元監督がご逝去された・・・
私は、野村采配野球が何故かしら好きであった。試合運びの裏に仕組まれた「野村理論」が堪らなかった。詰碁を観ているような面白みがあった。
将に、野村野球は、戦国時代の知将が織りなす「合戦」とも錯覚する転回で面白かった。
晩年の試合後の記者との、一問一答もなかなか含蓄があって、スポーツニュースを楽しみにしたものである。

確か、ご尊父を戦争で亡くし母子家庭で育ったこと。テスト生としてプロの世界に入りし、艱難辛苦を乗り越えて、日本を代表する選手になり得たこと。名選手必ずしも名監督になれないと言われる世界で、名監督の名を欲しい儘にしたこと。そして最も評価されるのは、野球をこよなく愛する後輩選手を育て上げ、彼らが何れも現在の球界の指導者となっている事実である。師弟の絆があればこそ叶えられる姿である・・・

「野球しか知らないから、野球しか語らない。」と、足るを知った御仁の発言は力みが無く、清々しかった。専門外のスポーツまで解説をする御仁もおられるが、どうも説得力が欠ける。
出来れば、いま一度ユニホームを着て、球場で野村野球を見せて欲しかった・・・


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ