FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
高齢になるほどに一層書に学び直き心もて
読書癖は若い時に習得すべし

最近、「史記」を読み返して久しい。市議会議員初当選した頃に求めて耽読した書物であるが、最近書棚から引っ張り出して再読している。「史記」に教えられることは多々あるからである。議員としての心得。上に立つものの心得。人としての弁えと学ぶことが多々ある・・・
高校時代に、ある教師より「ベストセラーに飛びつくな。ロングセラーに手を出せ。限りある人生での最良の読書法だ」と諭されて以来、本はジャンルに拘らず手にした・・・

上京して大学3年になった折、恩師より「法律家を志す以上、これからは法律専門書に浸った生活をしなさい」と諭され、二十歳代は「文藝春秋」が私にとっての「長崎の出島」であった。

郷里に帰って、行政書士になって好きな書物を買えるようになっても、法律書籍は最新版を職務上求めるが、それ以外の書物は、高校時代の恩師に教えられた、歳月のふるいがかかったものを読むこととしている。努めて「温故知新」を心がけて今に至る。

三十代後半から日暦を捲るのが忙しくなって来たので、「将来隠居したら日々を晴耕雨読で過ごそう」と、コツコツと買い求めた歴史小説や小説を小屋の書棚におさめてある。書籍は「その日が何時か?」と小生をじっと待っているが、人生多忙で隠居が許されない今、中々読書三昧の日々が実現しないでいる。

忙中閑ありの例えもあるが、久しく書斎の書棚の手の届く処に「史記」をおさめて、仕事の区切りの間を見つけては紐解いている・・・


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ