FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
針を落とさずも聞こえる名盤
こうろぎの音色は心を癒す

 亦、今年もこうろぎの演奏会が始まった。夜通しの演奏会である。演奏者は我が家の庭に住むこうろぎの子孫たちである。こうろぎは己の賦命を知っている分すばらしいと感じる。私がこの地に住居を構えて40年になるが、我が家の庭に住まうこうろぎは、気の遠くなる遥か昔から、この地に住みついていた子孫である。

 こうろぎの世代交代を考えると、私との付き合いでも40代の交代があったと言えないか。すると40年間もの間、我が家の庭で生を受けるも秋には命を子孫に繋いで、短い生涯を終える。この生命の営みは雪解けと共に孵化して8月になると羽根の成長と共に、鳴く時季を知り、夜通し協奏曲を奏でるを賦命と私は感じるのである。

 我が家を囲んで夫々が縄張りがあるのであろうが争い無く住みつき、私がその部屋に移動しても聴き入ることが出来る。毎晩居心地よく鳴いて私の心を癒してくれる。我が家の庭に限らず、耳を澄ますと近隣の庭からもこうろぎに限らず秋の虫の音色が聴こえてくる。これこそ将に協奏曲と私が唱える所以である。見事なハーモニーで寝るのも忘れて聴き入ってしまう。

子どもたちも、こうろぎの音色を子守歌のように聴きながら成長したに違いない。この時季にこうろぎの音色を聴くたびに、都会にあっても、こうろぎの音色を聴く度に、屹度ふるさとの生家と幼少時代を偲ぶだろうに・・・


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ