FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
地域おこしは自らの住民の中から湧き上がるものである
地域おこし協力隊制度を問う

東京一極集中によって生ずる、地方の人口減少や高齢化が進んでいることが大きな課題となる中で、地方の活性化を図るため、地区外からの人材を積極的に確保しよういう取り組みが、地域おこし協力隊の制度でありますが、これは国のおせっかいな押し付け制度であり、この地域おこし協力隊制度について、私は当初から懐疑的に捉えています。国策と言えども、政府の予算のばら撒き政策であり、少しも功を為しているとは思えないからです。

須坂の人口減少や高齢化が進んでいることへの解決は、そもそも将来の須坂を担う意味でも、この須坂に生まれ・育つ高校生や中学生である彼らが、大いに悩み解決して行く課題であります。国は寧ろ、地区外からの人材を振り向けるよりも、これらの予算を、須坂で生まれ育ちゆく青少年に夢を語らせ・情操するための様々な活動の後押しに役立たせた方か、極めて有益な成果を生むと信じます。

地域おこし協力隊員が、付け焼刃行動等で須坂を綴るレポートを読んでも、少しも心に響きません。東京一極集中が抑止されない本制度は、霞ヶ関官僚の机上空論の失策として、速やかに廃止されるべきと私は思います。

関連記事
スポンサーサイト




テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/1160-140d2326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)