FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
アリとキリギリス
今更どうにもならないものなのか

イソップ物語にあったような記憶であるが、「アリとキリギリス」の逸話は印象深い。
若かりし頃或いはもっと前の小学校時代に読んだこの物語は、多分に我が人生に影響を与えたと言える・・・

年老いて、生活に不安を抱いて相談に見える御仁は、往々にしてキリギリス族の人が多い。
相談に見えても、深刻さが見受けられない。全く自分で切り開く積極性が見受けられない。
まず、自分では勤め先も見つけられない。勤めめても直に勤めを辞めてしまう・・・
近況を質す電話をしても、居留守を使い出ない・・・

世間話から堀を埋めようと話すが、中々掴みどころがない。
無気力なのか、あっけんからんと他人事でしかない。
人生怠け癖が着くと、こうも泰然自若として居れるのか。
怠け癖に年季はないが、心根に覇気がない。この心理状態から脱皮することは容易でない。
自分さえ良ければとする、利己主義な人が多く感じられ、礼節を欠くを恥じと思わないらしい。

生き方の慣習は、やは」り幼少時代から身につけなければ、結局は今更になってしまうのかも。
これは矢張り、親の背中を見て子は育つと言われるとおり、親の責任と感じる。

「アリとキリギリス」の逸話は、時代を超えて幼い時に読んで置きたいものと感じる・・・




関連記事
スポンサーサイト




テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ