FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
議員活動の評価は後世の歴史家に任せればよい
今求められる市議会議員像

地方自治体の市議会と首長(市長)の関係は、独立対等の関係で、互いに市民の福祉・福利を実現するうえでの知恵比べだと思いますが、議会は議員全員による意思決定をする機関であることも忘れてはなりません。

かっての地方議員は、地域の名士と言われる人が、名誉職として議員になられ、市民感覚と乖離した発言や、首長べったりの関係であったと聞いております。今や様々な分野での専門的知識を持った議員の輩出により、議案等をより詳しく調査研究をし、議案の争点や焦点を見定め、議案の意図するところを市長に質しながら、須坂市の意思決定をしていく議会でなければ、議会と市長とが対峙する二元代表制の本質が失われてしまいます。議員自身も驕ることなく、謙虚さと不断の研鑽に基づき熱い思いを議会で論ずる、これこそが議員に課せられた責務あり使命であると私は思っております。

今後も、私は特定行政書士として培った行政に関わる法知識等を駆使して、常に行政に「公正の確保」と「透明性の向上」の本筋を求め、市民が議会に求められる市の行政運営の是非を問いたいと念じております。論争も話し合うことによって解決の調和は図れると信じます。思うに、議員活動の評価は後世の歴史家に任せればよいことで、現下における市民の直面する課題は逃げずに取り組ことが大切であると思います。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済