FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
年の瀬や あれもこれもと 急くばかり
ことしを表す漢字に寄せて

師走に入り早月も中旬に差し掛かる。
県内のシンクタンクが、県内2400世帯余りに、「ことしを表す漢字」を聞いたところ、「忙」が一番多かったとの事である。

然らば、自分なりにどうかと、あれこれ思いめぐらしてみた・・・
思い返せば、何かしら日々が「忙(せわ)しい」。寝て起きるとボーッと生きている訳には行かない。あれもこれもと欲張りに思う心が実は「忙し」く一日をおくっているではないか。第三者的に心の裡を明かせば、「忙しい」の一字で「忙」かと・・・

「忙」とは、心を失うと解さねばならない。あるものに振り回されて、意図せぬ動きに乗って、只々一日を終わらせてしまうことこそ、忌々しいことはないが、これをせねば世情が空回りとなる。極めて人間臭さの中に「忙」の漢字が登場する。
「忙」は、大変範疇は広く、決して否定的な後退的意味を持たないのではないか。寧ろ庶民のエネルギーの表現を漢字で表した一字でもある。極めて積極的且つ行動的と私は捉える。
アンケートの結果は、答えた5.15%が「忙」と回答したとか。私も極めて標準的な県民であったと言える。

序でにアンケートの結果をのぞくと、「苦」 「忍」 「変」 「耐」の順であったが、
私なりに「忙」は決して「苦るしい」に繋がらない。まして今までの人生経験から「耐え忍ぶ」感心理状態には陥らない。忙しい中に閑を見出して来た生き方からすれば、決して忙しいことは、寧ろ人生の弾みとして捉えてきたからであろうか・・・
「変」の一字は、己の日々「三省」を願うことからすれば、納得する漢字でもある。

ここで一句  
  年の瀬や あれもこれもと 忙しけり   梅柿

関連記事
スポンサーサイト