FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
恩師に再会叶えて感涙御座候
恩師と教え子の絆

恩師との会食が叶い、久々に遠路飯山を訪ねるに
千曲川のせせらぎは滔々と 越後に流れ入る水面は少しも変わらず
謙信公所縁の綱切り橋はと捜すと 鉄橋は姿を消し往時の面影無く時の流れを知る
新幹線が敷けるに及んで飯山は再び蘇ることを得たり
祖父の故郷飯山はいつの世も北信濃の要所なりける

恩師との約束の会席場に到着し待つこと暫し
やがて恩師は元気よく階段を昇って来られる足音響く
恩師との数年来の再会は何ものにも代え難く嬉しさ募り
恩師と暫し懐古の話に花を咲かせ互いに生ある事を喜ぶ
師は何と九十八の齢を数えられる事なれば喜び一入なり

飯山名物のうなぎを食べながら一堂の健康あるを互いに称える
歓談の時は瞬く間に流れ事情有りて退席を余儀なくす
明年に我師の白寿の祝いを約束をして惜しみあるも席を立つに
師は別れを惜しんで我を玄関まで見送り賜るに只管恐縮す
先生と教え子の絆は将に千曲の流れと相似たりと



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ