FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
温泉は浸かるも良し、語るも良し
現代版浮世風呂だ

湯っ蔵んどで入浴者の人気の風呂は「かけ流し源泉風呂」である。
5人も入れば身動きが取れない程の小さな浴槽だが、然し最近は人伝も手伝って人気がある。
3人が湯に浸かっていたが、私は躊躇せず浴槽に入った。譲り合いの浴槽からすれば5人は十分に入れるからだ・・・

「山はいいね」
「キノコを採りに行ったかい」
「私はキノコは採りにいかない」
「なぜ・・・」
「キノコは貰うので足りるから」
「たけのこはどうだい」
「たけのこ採りに行って三度も死ぬ目にあった。たけのこ採りは怖い。」
「三度も死に目に遭っても、懲りずに山に入るのかい。」
「あゝ、たけのこ採りは面白いからな」
「タラの芽は・・・」
知らない同志が山菜の話になると話が弾むのが温泉のいい処かもしれないが、話自慢を脇で聴いていると逆上せてしまう。頃を見計らって浴槽を脱したが、浴槽内の自慢話は中々終わりそうもなく話が弾んでいる・・・
現代版浮世風呂って所かな



関連記事
スポンサーサイト