FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
選択の諾否は後世の市民の審判に任せよう
平成30年度須坂市一般会計補正予算第1号に絡む修正案顛末

①修正案1について。
地域おこし協力隊の派遣先と活動負担金の支出先を須坂温泉㈱としているが、旅館業の全てを㈱古城荘に賃貸しており、結局誰の指示で活動するのか疑問である外2点の理由から、市が須坂温泉㈱に活動負担金を支出することは認められないとする。

※これに対する、修正案1を否とする佐藤議員の理由として
地域おこし協力隊の派遣先については、中々難しい課題があることは事実である。市が考える「地域おこし協力隊に任務」は、1.観光振興、農業振興、地域振興活動。2.拠点整備交付金事業の支援:健康長寿食の研究開発拠点、農家チャレンジショップであることから、須坂温泉古城荘に派遣したことが窺われる。このことについて、市は長野県に確認して派遣を決定した経緯があります。であれば殊更にこれを拒否する必要性を感じないので、修正案を否としました。

②修正案2について。
一部土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)に含まれる場所にある老朽化した南館及び体育館を指定避難所として整備しても、須坂温泉の収入が確保できるか不明であり、規模の縮小も含め、須坂温泉古城荘全体の将来のあり方について、議会ともっと議論、協議が必要と考える外1点の理由から、須坂温泉㈱の清算を優先すべきとし、市債・商工債1230万円(財源 市債・商工債1.230万円)を全額削除するもの。

※これに対する、修正案2を否とする佐藤議員の理由として
会派無所属クラブは、5月28日から東日本大震災津波における、緊急避難所、指定避難所と福祉避難所の有益性とその役割について、岩手県庁、岩手県山田町、そして釜石市に政務調査を行い、震災における避難所等の果たす役割とその有益性等を学びました。

市は、今議会に須坂温泉古城荘を指定避難所として整備するため、緊急防災・減災事業債を活用し、須坂温泉㈱の耐震補強、改修工事に必要な設計を行うための費用として、商工費1.230万円(財源 市債・商工債1.230万円)を計上したものです。

気象庁は「南海トラフ周辺の地殻で『ひずみ』が溜まっているのを観測。  いつ南海トラフ地震が発生してもおかしくない。」と発表しています。我々市民の生命・財産を与る者として、巨大地震は必ず発生するとの緊張感を以て、市民のためにこれに備えねばなりません。更に6月26日、政府の地震調査委員会が「30年以内に震度6弱以上」の激しい揺れに襲われる確率を示した、最新の全国の予測地図が発表された内容にも、須坂市は意識して危機感を持たねばなりません。

万一、須坂市が被災して指定避難所や福祉避難所の開設をする事態は、実は当市にとっての悲劇が起こったときと認識すべきです。願わくば、このような災害がこの地を襲わないで欲しい限りですが、昨今の地球環境は我々が思う以上に病んでいると言えます。

であれば今回活用しようとする緊急防災・減災事業債は、平成32年度で終了とされることを思料するに、この「有利な起債」を活用して、須坂市が万一に備えて、須坂温泉の施設が指定避難所或いは福祉避難所として利用できるための施設を強靭化しておくことは賢策と申せます。修正案を否とし、原案を支持する所以(ゆえん)です。

※採決の結果修正案2件は何れも否決され、一般会計補正予算第1号は原案のとおり可決されました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/1090-c4eb255f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)