FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
ならぬものは ならぬ 20
姑息な虎の威を借りる狐を許すな

平成27年3月3日に県と今治市職員が学園関係者と意見交換した際、学園側から受けた報告として、同年2月25日に安倍晋三首相と加計孝太郎理事長が面談し、獣医学部の新設について安倍首相が「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」とコメントしたと記されている。【産経新聞Web 5/31より転記】

この件について、加計学園関係者が31日午前、愛媛県庁を訪れ、「多大な迷惑を掛け、誠に申し訳ない」と謝罪したというが・・・
将にこれが加計学園が「虎の威を借りる狐であった」ことの正体と言える。然も虚言で済めばまだしも、「総理愛媛県と今治市に誤った情報を与えた」として陳謝したことが、後年になって「実は辻褄合わせの狂言」となる恐れはないかと勘繰りたくなる。何故なら虚言の裏返しは事実(真実)だからである・・・

ところで、愛媛県と今治市は、安倍首相と加計学園理事長が「只ならぬ関係」を信じるに足る十分な事実認識があったことが、今までの報道によって、ありありと窺える。
であれば、「平成27年2月25日に安倍晋三首相と加計孝太郎理事長が面談した。」とする報告。更にその面談において、獣医学部の新設について安倍首相が「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」とコメントしたとの報告は、愛媛県や今治市は前述の状況からして鵜呑みにするだろう。今更、安倍晋三首相と加計孝太郎理事長との面談があったと嘘をついたと宣う加計学園の行為は・・・
①愛媛県や今治市を騙した犯罪行為にならないか? 
②愛媛県と今治市は安倍首相が「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」の言が、、「総理(首相)案件」が実在すると確証し、これが将に錯誤に陥ったのではないか。
③このことにより、愛媛県と今治市は、法によって許される財政支援や公用財物の出捐を加計学園に行ったのではないか。
④国から加計学園の獣医学部新設が採択され、獣医学部の建設工事が進められ、平成30年4月に獣医学部が開校している事実を何と捉えるか?今更、謝罪では済まされない重犯罪を犯していた良心の呵責は、加計学園側にはないのだろうか?

⑤安倍首相は、本件に全く不関知であれば、少なくとも「加計学園問題は総理との癒着」と国会で取り上げられていた以上、自己の名誉のためにも、建設工事の執行停止を指揮し、自らの身の潔白を毅然として図るべきでなかったか。憤ることもしない安倍総理のそこがおかしいと凡人は勘繰る。
⑥安倍総理が漫然と校舎の建設が進むを傍観していた所業は、寧ろ総理であるが故に許されないのではないか。
⑦「加計学園の獣医学部の校舎も完成し、大学は開校して授業が行われているから」の既成事実を理由として、全てが免罪・免責される訳ではない。お角違いも甚だしい。最早、国会の政治的追及では解決はみまい。司直による強制捜査による解明をせざるをえない状況に陥っているのではないか。腐った忖度政治は正さねばならない。

安倍総理は行政府の最高権威者である以上、国民の得心のゆく身の潔白を自ら国民に透明性と公正を以って晴らして欲しいものだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/1081-7c0ac604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)