プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
千客万来を期待する
平成30年第1回須坂市議会臨時会

平成30年第1回須坂市議会臨時会は、3月21日招集され、「平成29年度須坂市一般会計補正予算第8号」を上程、議長より予算決算特別委員会に付託され、同特別委員会は、現地視察を行った後に審査に入り、所管課より詳細な説明を受けた後、質疑応答を経て、討論の後、採決に入り、賛成起立10人、不起立(看做反対)6人で、原案とおり可決されました。

〇一般会計(補正予算第8号)
上程された「平成29年度須坂市一般会計補正予算第8号」は、歳入歳出それぞれ6,912万円を追加する。

◎観光施設整備事業の内容
健康長寿食の高付加価値化及び農産物の加工商品等のテストマーケティングを行い、生産性向上を図るために、地方創生拠点整備交付金等を活用し、研究開発拠点と農家チャレンジショップの整備費用として須坂温泉㈱への負担を計上。負担金6,912万円。
㊟財源は地方創生拠点整備交付金(1/2)、補正予算債(充当率100%、交付税措置率50%)

◎佐藤壽三郎議員は 原案に賛成しました。
その理由は以下のとおりです。

観光施設整備事業の内容から、如何に須坂温泉に誘客すべきかの苦心が窺える。温泉施設が他県より多い長野県の事情を斟酌するとき、如何に他温泉施設より抜きん出るか、集客力を備えるかが営業・施設の存続につながるかにかかると思料します。その意味合いからしても、須坂温泉を観光施設と位置付けて、様々な研究開発拠点と農家チャレンジショップの途を拓き、相乗効果として誘客を図ることが成就されれば越したことはないと判断し原案を支持しました。


関連記事
スポンサーサイト