FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
力士の怪我による番付の地位保全をはかれ
鶴竜は頑張っている 引退をする必要がどこにあるのか

横綱鶴竜は昨年の6場所中5場所を休場したというが、休場の原因が、右足首と腰も状態を悪化させたものである以上、休場は仕方ないと言える。一度怪我を負うと、本場所、地方巡業と日々相撲協会に急かされる中で、一体何時療養に専念できるのかと思う。年6場所の興行は多すぎるのではないか。体格も人並み外れて大きい力士が、激しい相撲をとっての怪我は、十分に治療しなければ容易に完治するものではなく、軽視すれば力士生命を縮めてしまうだろう。

横綱だから休場しても構わないとは言わないが、横綱以外の力士も怪我をすると、あれよあれよで幕内から十両に落ち、幕下に名前が消える。取組の上での怪我を公傷として認め、番付表の上で身分を保全してあげる配慮(規則)が必要である。相撲協会は力士を酷使し過ぎる。厚労省も文科省も力士の処遇の改善に一歩踏み入れなければ、有能な力士の消耗でことを済ましてはならない。人権軽視の面が強いように感じる。

その意味で、鶴竜が背水の陣で土俵に上がり、10連勝したことは十分に休場明けの横綱としての責任を果たしたものと言える。仮に初場所優勝できなかったとしても、引退を勧告するようなことを横綱審議委員会は口にすべきでない。

寧ろ、力士が力士として相撲が取れる環境を如何に創り出すかが問われているのであって、これを無視するならば新弟子検査に若者は参じない事態に陥る事となろう。力士が主役。協会役員や審議委員が土俵に上っても拍手は起きまい。TVの話題になっての相撲協会の収入にはならない。力士以外は刺身のつまに徹した組織が必要だ。

頑張れ、稀勢の里、貴ノ岩、照ノ富士、十両の休場した力士たち、幕下 三段目、序二段、序の口の将来の横綱を目指す力士が、万一怪我をしても真剣に土俵にあがって相撲ができる組織でなければならない。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ