プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
ならぬものはならぬ 2
権力ぼけにしか映らない

愛すべき祖国日本の近頃の政治が全くおかしい
国家の形が三権分立でありながら、内閣総理大臣の権限が国会を凌駕する。議員内閣制も大政党が鎮座する昨今の弊害とも言えるが、恰も大統領気取りで国会を睥睨する様は、将に時々外国のニュースで登場するどこかの国の独裁者とオーバーラップする。

首相は「法治国家」と言う単語を頻繁に口にするが、TV等の報道を映像で見る度に「羊頭狗肉」としか感じない。諂(へつら)う取り巻き政治家はいったい日本を何と心得ているのであろうか。私化するのもいい加減にして欲しいものだ。
落語に「目黒のさんま」があるが、権力ボケした政治家は一度寄席に行って素直に味わうがよい。国民は冷めていることを忘れてはいけない。主権は国民にあることを忘れた政治家は、歌を忘れたカナリヤより始末が悪い。

関連記事
スポンサーサイト