FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
無投票当選制度の在り方を問う
無投票当選制度を見直すべきだ


民主主義政治の根幹に関わる市民意識について

無投票当選とは、換言すれば法定看做(みなし)当選と言えます。選挙告示日の立候補届出時刻を以って締め切り、立候補者数が定数以下である場合は、投票を行わずに立候補者が当選となる(公職選挙法第100条4項)ことであります。
更に公職選挙法第171条の規定により、無投票当選となった場合は、選挙公報配布は行われないとされております。

 「無投票当選制度は、果たして市民の信託を得たと言えるだろうか。」の市民の声が飛び交いましたが、住民の信任即ち投票を得ずして当選者として扱われることに、選挙戦を戦い抜いて投票によって当選を繰り返してきた多くの再選議員も屹度(きっと)、本当にこのような「無投票当選」を、立候補者あり当選した多くの議員は、私同様に不快感と訝し(いぶかし)さを感じていると思います。
本来の選挙制度の姿に立ち返えれば法定看做当選などあってはならない。「立候補者届出数が定数以下であっても選挙を執行し、投票の結果得票数の最下位者を法定落選者とする。定数の欠員は補欠選挙で補充する。」と公職選挙法第100条は速やかに改正すべきであるとすべし思いもあります。

立候補するにあたって立候補者が認め(したた)提出した選挙公報掲載文原稿が「選挙公報」として印刷され、有権者に配布されないということは、法によって各候補者の政策意志を敢えて「目隠し」するに等しい規定ではないか。これでは市民が候補者の政治信条や提言が一切分からないではないか。取りも直さず、「選挙公報」によって、市民も今後の市議会議員の議員活動を監視する、目安になる各議員の資料を一切持たないこととなる。投票行為がなされないから「選挙広報」は不要であるとする法感覚は、矢張り不満が募り(つの)ます。

一方、無投票当選の効果として、市民は現職議員で立候補者をした現職議員を、消極的に4年間の議員活動を支持あるいは承認したと捉えるべきなのでありましょうか。新人立候補者にあっては全くの未知数であり評価のしようがない以上、その将来に寄せる期待の思いの同意行為なのでしょうか。
何れにしても、「無投票当選」制度の在り方を見直すべきであり、時代の流れとしての市議会議員選挙での無投票が相次いでいる現実を冷静に見つめ、選挙に際してだけでなく、恒常的に民主主義における選挙という機能の重要性を、如何に身近なものに据え置くことに努めねばならないと感じます。

此の侭無投票を繰り返せば、議会と民意との乖離を生じ、市民の議会への信用を無くし、自治体の立法機関たる議会の機能は失われるでしょう。議員も又有権者であり被有権者であることを自覚し、市民の側に立ち返り、須坂市民として真摯に今回の無投票が抱える課題を捉えるべきと考えます。


スポンサーサイト

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

己が選んだ道に悔いなし
平成31年宅地建物取引業者研修会で上田へ

宅地建物取引業に三十代の初めに籍を置いた私は、「毎年開催されるこの宅建業協会の「業者研修会」には必ず参加して、自己研鑽しよう。」と心に決めた。あれから数えて今年で連続41回目の研修会である。41年前に決めたことを今も粛々と実行している。

連続しての41年は言わば一生に亘る自己研鑽だが、20年前に市議会議員になった私にとって大きな障害が生じた。当市の市議会議員選挙は1月下旬の日曜日に告示され、2月の第一日曜日が投票日となるよう組まれているからだ。宅地建物取引業協会の研修とそのままダブル事となる。4年毎に必ず選挙期間中と研修日が重なるので、県下の宅建業協会支部で催す研修会に出席して連続を切らないように努めなければならない。今回も日時的に長野支部への参加が出来ないので、そこで上田支部の研修会に参加することとした。

ところで、上田駅は長野駅から新幹線で11分。長野電鉄で須坂~長野間は凡そ20分。須坂駅を出て朝陽駅に着くころ、北陸新幹線は上田駅に着くこととなる。新幹線に乗るたびに陥るのは、乗車時間と距離感がおかしくなる。行政視察で訪ねる仙台、盛岡や、金沢、大阪、広島が新幹線だと、驚くほど近く感じる。
一方、在来線で長野から中央線で名古屋駅までは凡そ3時間を要する。レールのつなぎ目を叩く車輪の音や、レールの軋む音は心地よいが、それよりも乗車時間と距離の関係が、頗る体内リズムと合致しているように思える。中央線の乗車は時間がかかるが、何故か乗り心地が新幹線に比べると差があるが気持ちが落ち着く。

 今年度の研修科目は、31年度不動産に関係する税金、民法改正に伴う留意点の中味のある講義であった。正直この時期の研修会は、猫の手も借りたい時期であるが、研修に置ける講師陣が一流であること。更に宅地建物取引士としての研鑽を思うとき、見逃してはならない研修と言える。

 市議会議員になってからの過去20年間の研修記録を読み返すと、4年毎の選挙の日程との関係で、どうしても長野で研修を受けることが出来ずに、選挙期間中を避けて、上田市、佐久市、伊那市、松本市で開催される研修会に出席せざるを得なかった足跡が、受講した会場欄に押されたゴム印で明瞭に蘇る。意を決して支障のない日に遠方の開催地に出向いて研修を重ねてきたが、「出来れば遠方にまで出向くのは・・・」の怠けようとする弱い気持ちがもたげると「己が選んだ道ではないか」と、自分自身に喝を入れて気持ちの萎えることを戒めながら今年も恙なく連続受講41年目の研修を終えることができた。これも偏に女房殿のお陰である。

新幹線の乗車時刻に余裕があったので、上田駅前の横丁に「馬肉うどんの名代・なかむらや」があるが、研修を受講した褒美として、帰りによって味を堪能してきた。私は上田にでる機会があるとこの店に寄ることとしているが、実にあっさりしていて旨いうどんである。





テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

各々馬は飼いたるや
この時期のものさわぎ

この時期の巷談は取り止めがない・・・
情報源がハッキリしない情報が「実しやかに」飛び交う。「都市伝説」とでも言いたいのであろうか?
選挙間際の後援会員獲得合戦で、有権者の総数の5倍とも7倍みなるとも言われる程の会員獲得数だのに、一喜一憂する有り様は私も経験があるが、候補者になってみないとわからない心理でもある。

知人や友人の後援会加入要請を断り切れないで、後援会入会票に書き込む御仁の何と多いことか。しがらみから脱皮できない日本型選挙は未だ残っている。民法総論の心裡留保の法的効果をつくづくと考える。

この時期、大衆浴場の脱衣室も空気がまた一変する。一面識もない人が、恰も知古の如く握手を求めてくれる。
「果て誰だったっけ?」と、 私の頭の中の記憶棚はフル回転をして、名前やら住まいを思い出そうとフル回転するも、一向に思い出せない。失礼があってはいけないので更に焦るが、どうしても思い出せないで躊躇していると、相手からは構わず堅い握手を求められる。それも指が折れやしないか位に、力任せに人の指を絞り上げる。大変ありがたいことであるが、「誰だったけ」とのもやもやは、何時までもお寺の鐘を撞いた余韻の如く残る・・・

この時期、スーパー等に買い物に立ち寄ると・・・
友人や知人から頻繁にお声がけを頂く。陳列棚に目を凝らしていると
肩を叩かれ、振り向くと「やあやあ」の挨拶を頂く。
斯くも知人友人幼馴染はありがたきかなと感じる・・・

この時期、自称大物の暗躍ぶりがいと滑稽だ・・・
「無投票ではいけないから、目下、二、三人にあたっているんだ」と大物ぶり。人を推すにまるでクルクル鮨のネタの注文ではあるまいに、況やネコの子の斡旋をするが如しは、摂生の無いごり押しは無責任極まりない・・・
行政や財政或いは社会問題を日頃から取り組んでいる御仁は、そうざらにはいまいに。
俄かに町内の名士と思しき御仁を誘ったところで、何様の心算でお節介もいい加減にしろと言いたくなる。
自称大物の推す者が議員になっても、人生の蹉跌として悩んでいるのは、口車に乗らされて議員になってしまった御仁ではないかな。罪なことをしたと、自称大物は「自惚れ」はあれども些かも良心の呵責がない。

真に市民のために、郷里・須坂市のために燃える憂国の士が、轡を揃える議会であって欲しいものだ。




テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

坂の町須坂にとっておきはバイク
バイクは頬を風がさする

原付バイクは私にとって極めて有効な足である。スーパーカブ、ヤマハメイト等50ccクラス、ホンダのベンリー、ヤマハのバイクも高校時代から上京するまで乗り回したが・・・

Uターンしてこの町に戻ってからは、またバイクを愛用するようになった。更にこの歳になると後輪が2輪のジャイロを重宝している。ギアの切替も不要だし、50ccでも結構馬力があって、豊丘地区や米子のお不動さん、仙仁温泉まで楽に登れる。坂の町である須坂の街中は、最早自転車での登りは無理ある。然し、ジャイロで走り廻れば難なく用は足りる。停車しても足でスタンドを立てる動作も、手元のレバーの上下で車体は固定されるので、スタンドを立てる必要もなく、足を痛めることもない。第一人様を訪ねても駐車場を心配する必要がない。

日増しに寒くなる年の瀬であるが、手袋をはめてバイクに跨ると、なぜかしら気持ちがシャンとする。走行して頬に風があたる感覚は、バイクならではの醍醐味であるが、これが何とも言えない快感だ。学生時代に詰襟の学生服を着て、金ボタンを五つ穴に通し掌で金ボタンを確認すると、気持ちがシャンとした思いと、何か通ずるところがある。

雀百まで・・・私は雀ではないが、バイクに跨ることを体力が許す限り止めないだろう。



テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ならぬものはならぬ 22
何とかならんかい幅広の電話器を

走行中に、悠然と携帯電話を片手に運転しているドライバーを、目撃すると無性に腹立たしく感じる。法に依って「してはいけない」ことを、公然且つ平然と法を犯す行為が許されないと常々思っている・・・

この度、高速道路での渋滞時など、特定の条件下での自動運転に関して、道路交通法の改正がなされるとのことであるが、一般道路における携帯電話の使用者には、司法当局は厳しく取り締まって欲しいと感じる。

携帯電話片手で、何食わぬ顔をして追い抜きしていく実態は、どちらかと言えば男性より女性ドライバーが多いように感じる。スマートホンを耳元にかざしての運転は余計危ない。弁当箱を耳元にかざしているようで余計に目につくが、幅の広い電話機片手の運転はいただけない。何とかならんかい。