FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
ならぬものはならぬ 27
検察庁法見送りの国民の声は何か

学生時代に、刑法が「双刃(もろば)の剣(つるぎ)」と言われる所以(ゆえん)は、片方の刃で罪を犯した者には厳格にその償いを強制的に科す可罰機能と、一方の刃は罪刑法定主義のもたらす、嫌疑をかけられるも罪を犯していない者を、国家権力から守る人権擁護機能があると学びました。そのことからしても起訴、不起訴の決定権を独占する検察官は、国民から与(あずか)る使命と職責は否(いや)が応(おう)でも重いものあります。

検察官が時の権力者の恣意的(しいてき)解釈によって定年が忖度される、言うならば、検察官が内閣や法務大臣の「顔色を見ながら」職責を行うような制度の導入を導入してはならない。年金基金の様々な事情や、長寿社会に対応した公務員のあり方の一貫として、定年引き上げをせざるを得ない事情は理解し、反対する気は更々ありませんが、然し検察庁法を改正する法案を通すために、政府の十(じゅ)把(ぱ)一束(ひとからげ)の手法には反対です。又、国民が容認できないと指摘するように、内閣や法務大臣が認めれば【特例】で定年延期が出来るという、極めて恣意的な身分の取扱い条項は、指摘されるとおり国民にとって重大な問題を含みます。

内閣や法務大臣は、恣意的な人事条項に何故執拗に拘るのだろうか。この条項は、検察官が抱き続ける矜持(きょうじ)をズタズタにしてしまう何ものでもない。丈夫(ますらお)が抱く心根を、政権の中枢に長らく居座る政治家が、職責の使命をいつの間にか喪失してしまって、検察官と一般行政職との見境のつかない感覚に陥っているとしか感じません。将におごりのある政治家が振りかざす権力の蹉跌(さてつ)としか思えません。検察官の人事を貫く慣例が何故に時の政権でも、不可侵であったかの事情を再認識する必要があるのではないか。

検察庁法見送りの国民の声は、表向きは政府が新型コロナウイルス対策に対し、国民から不評を買っていることもあるが、その真意は総理自身が抱えるダディーなモリ・カケ・サクラの3疑惑にあるのではないか。森友学園問題に関して、犠牲者の手記がこの春先に露呈することで事情が一変したと言える。良識者らからの再調査の要請の声に対し、財務大臣は「既に解決済み。」の保身とも思える発言は、まるで封建時代の領民に対する殿様の言い方であって、時代錯誤も甚だしい。国民主権主義を認識しているとは思えない言行である。
国民主権主義や法治主義が浸透した現在の国民には、この発言に些(いささ)かも屈服しないし納得できない。寧ろ、総理と財務大臣は「やはり同じ穴の貉(むじな)か」と、国民は大方失望したのではないか。

更に昨年行われた参議院選挙で、自民党総裁のお声がかりで、しかも党から1億5千万円もの選挙資金を与えられた候補者がいたが、候補者の夫である前法務大臣が陣頭指揮を采って1千万円をばら撒く買収行為が行われたことが発覚した。この公職選挙法違反容疑の糾明についても、国民が注視していることを忘れてはなるまい。

言い換えれば、検察庁法見送りの国民の声は、国民がダディーな政治家に対する苛立ちと怒りや不信が噴き出た結果であり、国民の真摯な思いは3疑惑+1公選違反の糾明を願い、検察官に寄せるあくなき正義の追及と、ならぬものはならぬとする糾明への一縷の期待と捉えるべきである。

法曹を志して勉学に勤(いそ)しんでいた青春時代に、「検察官の胸の記章は、検察官が与る犯罪に敢然と正義と公平へのあくなき追求をする。その証しとしての徴(しるし)である『秋霜烈日』が検察官記章である。」と教えていただいたことを思い出す。その意味からしても、いつの世も検察官の使命は、悪を憎み、時の政治家や財界の権力者とのなれ合いを毅然と拒み、国民(国家)から身分保障を与(あずか)りし信頼の下に、決して功名を求めず、粛々と正義を糺す(ただす)法の番人であって欲しいと思います。


スポンサーサイト



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

ならぬものはならぬ 26
緊急事態39県解除は適正か?

私は、政府が緊急事態宣言解除に手を染めることには反対です。
4月17日に非常事態宣言を発令し、知事に施設の使用停止要請や指示権の執行委任をしていると解するからであります。
5月4日政府は緊急事態宣言を5月31日まで延長と発表したが、5月14日東京など除く39県に解除正式表明をしたが、拙速な判断では無かったかと思います。

39県における解除内容は、各々の県の事情によって異なることを斟酌すれば、国が十把一束にして解除する方はないだろう。専門家委員会からの意見聴取と同時に、全国都道府県の知事から各自治体の現状や実情を聴取集約したうえでの解除に踏み切る
配慮が必要ではありませんか。コロナウイルスに対する具体的な施策や対応は知事に任せるべきであって、国はあくまでも5月31日まで緊急事態を持続すべきです。換言すれば、全責任は国が補償を含めて負うことを鮮明にすべきであると思います。 
 
何故ならば、国が上意下達的に緊急事態宣言解除を行うことによって、知事の具体的な施設の使用停止要請や指示権が失効し、このことによって知事の施設の使用停止要請や指示が執行不能に陥り、人々は3密の縛りを解き巷に溢れ出やしないか心配です。寧ろ、再流行の懸念が募る。更に、緊急事態宣言解除以降の補償要求が知事に強権的に求められることになりやしないかが懸念されるからです。国の無責任な朝令暮改手法は厳に慎むべきであると思います。



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

雀が友だち
我と来て 遊べや親の ない雀

3月中旬の遅い大雪に見舞われましたおり、雀が雪に全てが覆い隠されて飢えておりました・・・
そこで、私は雀を餓死から救うために、雪が融けるまでの間餌を与えることとしました。
雀は餌を見つけると、2羽で飛んできては啄ばんで腹を満たすと飛び去ります。
雪が融けても、今度は雀が餌場に来ては、餌を要求するようになりましたので、餌を与え続けることとしました。
ある日、車で帰宅すると何と餌場の雀を狙って、猫が秘かに身構えているではありませんか。
「許さん}と二度と来ないように猫を威嚇してやりました・・・

あれから凡そ2か月、コロナウイルスにの関係で自宅の書斎に居座る時間が多くなりました。
雀がチュン・チュンと鳴きますので、私は口笛でチュン・チュンと応えて、餌箱に餌を補給してやると、
屋根から飛来して来て餌を啄ばみます。

然し先頃まで2羽が一緒だったのが、1羽しか姿を見せません。抱卵しているならいいのですが、猫やカラスやモズに襲われたのかと心配していますが、

その昔、秀吉が竹中半兵衛を「三顧の礼」を以て訪ねた折に、人になつかない雀が半兵衛の手に止まるを見て、秀吉はびっくりした逸話を何かで知った覚えがありますが、正直ほんまぁかいな?と思ってます・・・
然し、朝、昼、夕暮れ時に書斎から本宅に向かうおり、口笛で呼ぶとどこからか顔を出しチュン・チュンと応えます・・・
餌箱に、餌を補充しておくといつの間にか飛来して食べています。

雀だけをと思っておりましたら、メジロ、シジュウカラやカワラヒワ、鳩、更にはカラスまで餌を求めて我が家の庭木に集まりますが
私としては、子どもらが幼い時に見て育った、我が家の軒で孵化した雀の子孫が、この辺りに住み続けていていることを願って、雪が融けるまでの間の餌を与える思いが、今に続くことで書斎で一人で机に向かう日々の昨今、大切な友だちに思ええます。できれば雀語を修得して会話をしたいと願っております。

一茶の句に確か・・・ 我と来て 遊べや親の ないすずめ





テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

ならぬものはならぬ 25
権利と義務

最近気になるのは、3密を唱えてもこれを平然と無視して敢えて要請を冒す市民がいることは誠に情けないことです。これぞ新憲法下における人権意識の高揚と褒め称える者もいますが、国難のこの時に、生命の尊さを慮るときに、これこそ個人主義と利己主義の履き違えに対する、教育で学ぶ自由の本質をおろそかにしたツケと思います。即ち、戦後70年の民主主義に関わる権利と義務の競合に関わる教育の杜撰さの結果だと感じてなりません。思うに、自由とは本来野放図なものではなく、お互いの節度ある思いやりが働く中での自由の謳歌でなくてはならないと思います。

今は、総ての国民が不必要な外出を慎まねばならぬ時と思います。緊急事態宣言の再々延長がなされないためにも、我々は隠忍自重を果たすときと心得ます。
その行動結果がとして、一日も早く緊急事態宣言から解放され、自由闊達に行動できる日を一日も早く取り戻したいものです。


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

国民あってはじめて国建つを知れ 
今は国民と国家との協働のとき

緊急事態宣言の延長については、私も現下の状況からすれば、極めて妥当な措置であると思います。茲は、島国日本の地の利を効かせて、海と空から外国からの人の流れを絶つこと。 陸続きの欧州 とは違って感染拡大を阻止することが、万里の長城を築く以上に大切であり効果が期待できると思っています。言うなれば国民の命を守るために外国との人の行き交いを禁ずる鎖国を行うことが最善策であると思います。

幼い頃、祖母や母から「その昔にな、仁徳天皇という偉いお人が、ある日高い所に登られて辺り眺めていたら、人の家から煙が登っていないことに気づかれたんだってな。これは民が貧しくて、ご飯を炊くことができないのではないかと思われてな、三年間は税金をとらなかったそうだ。そうして三年経って、天皇が高い所に登られて人の家を眺められると、何とご飯を炊く煙が立ち上がっていたんだってさ。民、百姓を思いやることが政治なんだぞ。わかるな! 大きくなったら人を思いやれる政治家におなり・・・」と聞かされました。これはが『日本書紀』の「民のかまど」の物語であるとは、後年知ることとなるが、この「政治の温もり」の逸話は何時の世にも通じるものではないでしょうか。

国民あっての国家であり、国家は一握の権力者のためのものでは決してありません。国民が総じて新型コロナウイルスに怯え、3密の自主規制の名の下の強制で経済活動も奪われ、経済は疲弊し収入の途が絶たれて飢えているときに、将にこの事態を救済するのが、国民の納税によって成り立つ国家であることを忘れてはなりません。再三窮状を「轍鮒の急」状態であると唱える国民に対して、国家は持てる総ての財を吐き出してでも、国民の命を暮らしを守ることこそが、これぞ将に国家であり、国民から選ばれた政治家の果たさねばならない、究極の決断であり責務であると思います。


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ