FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
市民のために 今質さねば、誰が質すや
令和元年6月定例会一般質問で唱える9項目

須坂市議会令和元年6月定例会一般質問は、6月18日より4日間執り行われます。
小職は、6月18日(火)の3番手で登壇して市政を質します。登壇時刻は凡そ13時が予想されます。
市議会議長宛に提出した質問通告書内容は下記のとおりです。
              記
(1)  旧富士通(現(株)アールエフ)に係るPCB土壌汚染処理の現状について
(2) 当市における就学状況不明の外国籍の子どもの実態について
(3)  当市において「日本語教育が必要」と判断される児童はいるのか
(4)  小学校の運動会について
(5) 須坂駅周辺の歩道バリアフリー化案について
(6) 須坂でも横行している俗称「松本走り」について
(7)  労災死傷者数の増加について
(8) 川崎市の路上で小学生や大人が次々と刃物で刺された事件を受けて、須坂市並びに市教育委員会
    の対応と措置について
(9)  須坂市の余水の活用について

市議会議場は、須坂市役所東庁舎3階にあります。どなた様も傍聴できます。どうか御来庁頂きまして、市政の熱きやり取りをご検証下さい。



スポンサーサイト

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

地域住民に元気を与える運動会
平成元年度 第78回森上小学校運動会

 令和元年5月25日、市立森上小学校(校長・田中菜穂子)は、第78回校庭大運動会が開かれました。

 私は、保護者として8年間、地元議員として21年間、合計29年間を連続して、この運動会に立会って参りました。この運動会を通していつも感じることは、小学校の催す行事は地域住民が最も大切にするものであると感じることです。この価値観は今も昔も少しも変わりありません。況や色あせることもありません。

 今日もこの運動会には、保護者は当然ですが、祖父母や兄弟姉妹、親類縁者、在校生が居なくても多くの地域の住民の皆さんが校庭に参集して、児童に声援と健闘の拍手をおくっていました。児童もこれに応えて真剣に各競技に挑みます。どの競技を観ても素晴らしひとコマであると思います。将に地域が家族が、クラスメイトが、教師が一体となれる瞬間でした。

 私も29年間、この日を楽しみに参加する魅力は、学年毎によって色分けされる6(学年別)プラス1(児童個人)の7色の色分けと調和の魅力だと思います。この7色は毎年感動も多少異なりますが、毎年観ていて一つ共通なのは、無辜な児童の運動会を、この場に居合わせる主役である児童、それを支える先生方、保護者と、なにがしの関係を以ってこの場に居合わせる見物人全員が、全て感動を楽しめる和やかさであると思います。運動会の果たす数知れない相乗効果は、無視できないものと思料します。

 様々な事情から運動会のあり方が問われる昨今ですが、地域の温かい後押しがある限り、運動会の廃止などはあり得ないと感じました。
 今年も数々の感動を与えてくれて、児童の皆さんありがとう。

森上小学校第78回校庭大運動会
「運動会の歌」でエールの交換


憲法は何たるかを学ぶ
たかが市議会議員、されど市議会議員

有志議員による法律学習会は、憲法編に駒を進めている。

夫々に自習してきているところを確認し合う。
憲法の特質を理解し、更に一歩踏み込んで、法の支配を学習した。
市議会議員は、矢張り最低限は憲法の何たるかを、学ぶ意欲がなければと感じる。



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

人生一路の褒美たる
太田邦晴氏の叙勲受章祝賀会

太田邦晴氏、この度須高住民の生命・財産の保護と消防業務に多大な貢献をされた功績が高く評価され、瑞宝双光章の叙勲の栄誉に浴されました。祝賀会は平成31年4月21日須坂市光臨閣で催されました。

私が、市民として、市議会議員として、消防に抱く思いがあります。消防業務は、須坂市、小布施町、高山村の住民にとどまらず、偶々須高地域を訪ねられた旅人を含め、万一の非常事態が発生し、関係者はパニック状態に陥り、平常心を失いながらも、「藁をも掴む思い」で命乞えの119番への悲痛な一報であると思っております。

この一報に対して、普く消防本部並びに職員は身命を賭し、人命救出を合言葉に、昼夜の時間を問わず、天候など眼中になく、駆けつける場所を臆せず、速やかにに出動される姿は、市民にとっては、この上ない頼りとなる存在であります。通報現場に駆け付けられ、急患者やご家族を勇気づけられ乍ら、冷静沈着に救命・消防業務を遂行される姿を目撃する度に、私は消防業務の重要性と偉大さ、非常時における日頃の訓練に基づく、てきぱきとした処理や所作に、将に武士(もののふ)茲にありと感じます。大変誇りに感じます。

この消防業務に永年に亘って携われた太田氏に叙勲の栄誉を授けられたことは当然とも思います。このことは、太田邦晴氏の後に続く後輩諸氏に対して大きな励みとなったと思います。
今日は、太田邦晴氏と交誼の深かい関係者が一堂に会して、その喜びを分かち合う祝宴でありました。


太田邦晴氏の叙勲祝賀会
  参列者に謝辞を陳べられる太田邦晴氏

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

桜の花の満開の時季にあわせて
森上小学校職員歓送迎会
 
平成31年4月19日午後5時から、森上小学校(校長:田中菜穂子)は、恒例の職員歓送迎会を「駿河一番」で開催しました。
今年の桜の開花は些か遅かったようで、将に桜の花の満開に合わせた歓送迎会と相成りました。

宴には、田中校長先生以下新旧の教職員の皆さん、PTA役員、保護者、市議会議員外来賓等総勢凡そ80名の関係者が出席し、和やかに歓談を致しました。



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ