FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
将に地方格差の一端だ
ガソリン価格を全国一律にできないものか

ガソリン1リットル当たりのの平均小売価格が全国平均で159円60銭である(10月15日時点)が、長野県は163円70銭である。1リットルあたり4円10銭も高い。
原因は米国の対イラン制裁等中東情勢不安による原油の高騰が波及とあるが、長野県が海より内陸に位置することが一番の原因と言える・・・

県内の輸送・流通部門・製造業等における冷え込みに悪影響はないのだろうか。都会に比べて交通に関わるインフラ整備に見劣りがある県内は、通勤は電車やバスでなく自家用車がひと頼りである。スーパーへの買い出しも、会合や訪問も車社会で生活が維持されている地方の実情を思うとき、これは山国長野県だけの課題とは言えまい。

大都会に住まう人々とは生活パターンがまるっきり違うことを、国は理解して欲しい。ガソリン価格を全国一律にできないものかと思うのは、私だけではあるまい。



スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

議員活動20年を支えるものは只管継続すること
第23回 議員活動報告会開催のご案内


市議会議員の佐藤じゅさぶろうです。日頃は温かいご支援ありがとうございます。こころより御礼を申し上げます。
今年も、佐藤じゅさぶろう議員報告会を開催いたします。Goolight(旧STV)による議会中継だけでなく、生の「じゅさぶろう節」をお聞きください。
どうかずくをだされて、公会堂にお出でください。お待ちしてます。
        
 と き   10月14日 午後1時から3時まで  
 ところ   境沢町公会堂

☆ 報告会の内容
1部 須坂市の抱える課題についての講演と市の事業説明等

〇 人口減少時代における須坂市の展望 
   講 師  須坂市長  三木 正夫 様

〇 須坂市の平成30年度予算の特徴と執行状況について。
〇少子高齢化時代における行政サービス提供の課題解消策について。
    講 師   財政課長  中島  久 様  

〇 インター周辺開発に係る進捗状況について。
〇通学路におけるブロック塀の調査結果と改修費用補助金について。 
   講 師 まちづくり課長  滝澤 健一 様  

2部 議員活動報告
〇今年もがんばれた議員活動  市議会議員 佐 藤 壽三郎 




テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

玉虫色の論議は許さない
民間で出来る仕事は民間に開放し、小さな市役所の構築をめざせ


人口減少時代を迎え、須坂市の人口も減少し、須坂市の企業数も10年前と比べると、明らかに減少していることは、市内を巡回してみても分かるはずです。

須坂市が須坂市であり続けるためには、財政力を保持する様々な手立てが必要です。65 歳就労時代における雇用の場の確保は、現存の企業の発展と他市から企業を須坂に誘致することが考え付きますが、どの自治体も取り組んでいる課題であり決してベターな選択肢とは申せません。

「隗より始めよ」の故事にもあるように、先ず須坂市が、民間の手によって運用可能な市の事業は積極的に民営化し、施設も公設民営或いは施設移譲等を図ることが大切です。

私は、平成11 年初出馬の折に、職員200 名を削減することを提唱しました。平成29 年4月までに139 名の削減が叶いました。残す目標はあと60 名です。今後も市職員の大幅な削減を提唱します。一方で、中途採用の途も拓き、有能な人材登用を確保し行財政改革を推進して、須坂市は「小さいながらも、有能な職員が布陣する行政庁を以って市民に奉仕する。」ことを、更に唱えます。


テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

市民の生命・財産を守るために
平成30年度9月定例会一般質問で質す項目

只今、開会中の須坂市議会9月定例委会一般質問は、9月4日から7日まで執り行われます。
私は9月4日に登壇して、以下の課題を市政に質します。ご期待ください。


1. 主役である市民の権利を守るに怠りはないか
(1) 今回行われた県知事選について
  ①県知事選投票日の8月5日、墨坂中学校投票所の閉所時間間際に投票の行かれた有権者が何らかの理由で投
票出来なかったお聞きしましたが、当該事案について、ことの顛末と結果を示して下さい。
  ②県知事選の投票率、期日前投票等について、須坂市選挙管理委員会の総括を示して下さい。
  ③期日前投票の有効性について。
  ④有権者を18歳に引き下げた選挙制度の有効性について。

 (2)米子地籍を震源地とする地震について
  ①7月12日、7月31日、8月20日に、須坂市米子地籍において発生した地震について、須坂市の調査結果を示して下さい。
  ②凡そ50年前の松代群発地震のような、継続的な地震発生には繋がらないか。

 (3)ことし6月の大阪北部の地震で、学校のブロック塀が倒壊して女子児童が死亡した痛ましい事故を受けての 市内のブロック塀診断実施の結果と、その後の措置について
  ①ブロック塀の点検に当たって、どのような点検方法を執られたのか示して下さい。
  ②ブロック塀の点検結果をお示し下さい。
  ③点検結果に基づき市がとられる措置等をお示し下さい。
  ④須坂市に、ブロック塀等の撤去に関する補助金制度等はありますか。

 (4)「すぐに命に危険があるほどの降水量」における、市の避難施設は対応できるか。
  ①千曲川、鮎川、百々川の河床の天井川現象についてと、洪水対策の取組について国の方針は如何に。
  ②情報にもとづいてとるべき行動としての避難準備等4種類について、具体的に説明して下さい。
  ③千曲川洪水時における、避難場所としての相森中学校、井上小学校、墨坂中学校は、余りにも避難場所として遠すぎ、万一の時に役に立たないのではないか。

2.国民健康保険 保険給付費誤りについて
 (1)公金取扱いの公平性と透明性について。
  ①認識のずれの責任は、民間業者なのか、須坂市にあったのか。
  ②長期間放置しておいた主なる理由は何か。
  ③ 「給付超過の場合は、時効の5年を超えているため、返納請求はいたしません。」との事案処理に正当性はあると言えるか。
  ④給付超過とは、給付を受けた対象者は「貰い得」にならないか。
  ⑤ 「時効の5年を超えているため、返納請求はいたしません。」について、市民の理解は得られると思うか。

3. 職員の不祥事について
 (1) 市職員としての矜持とは
   ①本件事件発生により、市民からの職員に対する信用失墜の汚名を須坂市はどのように回復すべく対応されるのか。
   ②薬害事案再発防止を図り、職員を対象にした薬物に関する研修会を持たれた経緯と研修成果について。
   ③本件事案は、職員間の疑心暗鬼解消に向けた、職員のこころのケアが最優先課題と考えるが、市はどのような対策を考えているのか。


テーマ:地方行政と政治 - ジャンル:政治・経済

怖いのは慣れによる油断だ
平成30年度須坂市総合防災訓練


①須坂市議会防災委員会は、平成30年8月26日午前6時より、須坂市庁舎広場にて緊急招集訓練を執り行いました。
その後、常盤中学校グランドに移動しました。

②平成30年度須坂市総合防災訓練は、平成30年8月26日午前7時~8時30分まで、常盤中学校グランドと体育館で執り行われ、市議会防災委員会委員は全員参加しました。

③訓練内容は、市は災害対策本部を設置し、各防災関係機関、地元住民等の協力を得て、情報伝達、被害把握、交通規制、物資運搬、避難場所設置、救出救護、炊き出し、ライフライン復旧などの総合的且つ実災害を想定した災害応急対策訓練を実施し、午前9時に解散しました。


テーマ:天皇陛下・皇室 - ジャンル:政治・経済