FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
【青春の記憶】 山崎厚先生を偲んで
人には夫々の生き方があるんだぞと

  令和2年2月19日夜半、恩師であられた山崎厚先生がご逝去された一報が告げられました。享年99歳の天寿を全うされたと言え口惜しい。昨年10月に先生の「白寿の祝い」を企画したが、台風第19号が東信から北信地方を襲い、須坂市も甚大な被害が発生し、先生のお住まいである飯山市も同様に浸水が発生、祝いをする会場も浸水してしまい、更に市議会議員として台風第19号の復旧に勤しまねばならないこともあり、「白寿の祝い」は延期とせざるを得なかった。
 
  「白寿の祝い」の呼びかけに、賛同するも当日は欠席の同級生から寄せられた「先生に花束の足しに」と預けられたお金の処理もあり、私と小池君(同級会会計)は暮れの27日、飯山市に出向き、先生と飯山の名代「本多のうなぎ」で昼食をとりながら、歓談をすることが叶いました。まさかこれが先生との今生の最後の歓談とは些かも思わず、来年こそ「百歳満願成就」のお祝いをすることを約して別れたばかりでした・・・

  思えば、昭和35年春に私は市立常盤中学校に進級しました。当時の常盤中学校は、須坂小学校と小山小学校の生徒の二校の学童が合流する中学校でした。私の小学校卒業時の同級生5人は何れも男子であり、更に小学校低学年で同級生であった3人も加わり8人の幼馴染が亦机を並べることとなりました。

  このクラスを担任される山崎厚先生は、常盤中学校に新たに赴任して来られたことを初めて、先生の自己紹介から知り、更に数学と美術の先生であられることも分かりました。先生の自己紹介の後に、生徒が順次起立して名乗りをあげました。決まり切ったワンパターンの自己紹介でしたが、これが3年間の中学校生活の事始めであったと記憶しております。

  白根登山、燕岳登山、東京への修学旅行、菅平へのキャンプ等の思い出話は積もる程ありますが、又の機会に譲るとして、茲では先生の人となりを記したいと思います。

  先生は、温厚な方であられましたが、「筋を通すこと」を大変重んじられました。更に姑息なことは男子として決して行ってはならないと厳しく戒められましたが、あとは細かなことに余り頓着されませんでした。

  中学3年生の3学期のある日、私は職員室に呼び出されました。先生はいきなり「長男としての心得」について語られ、「なぜ、長男としての心得が必要なのか。長男として生まれた以上、これを生涯に亘って心底に留め置いて生きなければ、どんなに寿三郎が将来偉くなっても、決して偉いとは言えないんだぞ。」と・・・

  父親を亡くして7人の兄弟姉妹の母子家庭で育った私に、「甚だ不憫と思うが・・・人は生まれながらに背負う宿命がある。これは親父さんを早くに亡くしてしまったことが宿命と言える・・・然しこの世に生を受けた以上、人には天賦というものもある。この天賦は自分が探し出すものなんだが、これが天賦と思ったら回り道をしてでも諦めずに励んで掴み取るんだ。人には夫々の生き方があるんだぞ。自分に合った生き方があるんだ。分かるな・・・」と懇々と諭して下さいました。当時15歳の私は先生が言われる内容を全て理解することはできませんでしたが、朧気ながらに「父が居ない分、長男は生きて行くうえで回り道が強いられるんだな。」と位に思いませんでした。然し、この諫言こそがその後の私の生き方を大きく変える端緒を開くことゝなりました。

  あの日から57年・・・
  私も古希を越えるも、少年時代に諭された「長男としての心得」を肝に銘じて生きて来た心算です。ときには挫けそうになり、諦めかけたりしましたが、「決して回り道を厭うな。」の先生の諫言を道標に日々を過ごしたことが、曲りなり今あると感謝をしております。 恩師とは有り難いものです。 
 万感の感謝を込めて、先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



スポンサーサイト



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

蜘蛛の糸を読み給え
利己主義は許さん

とある大病院での一コマである。

外来窓口の手続きを済ませて、ソファに座って順番を待っていた時に・・・
突如、外来窓口に老人が押しかけて「俺は身体障碍者の許可を受けているんだから、診断順序を優先して診てくれ!」と恫喝まがいに受付職員に声を張り上げるではないか。
受付職員は毅然と受け答えをしていればいる程、老人は自分の意志を通そうと声を張り上げる始末である。

利己主義は許さん
私は老人に「茲にいる人は、身体に異常があればこそ、今日病院に来て、お医者さんに診てもらおうとしている人たちだということが分からんのか 言わばみんなが身体障碍者と言えるんだよ。身体障碍者の許可を受けているから診てもらう順番を優先しろなんて話は、急患でもない限り仮令病院でも通らないんだぞ。」と諭すと、

「貴様は何様だ?」と怒鳴るので
「貴様こそ何様だ!」と言い返してやった。
「貴様は何様だ?」と更に言うので
「年取って、自分だけ良ければ良いとする根性は改めなさい!齢は幾つだ?恥を知れ。」と毅然と諭すと
痴れ者老人は、更に息巻いてきたが、過剰な福祉行政の甘さが、このような老人を増長させてしまうのだろうと感じた。
個人主義と利己主義の違いを弁えないで、徒に齢をとった高齢者の醜態としか思えない所業ではないか

利己主義は許さん


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

「知足」の境地に達した御仁であられた
野村采配野球の再びを望んでいたが・・・

野村克也元監督がご逝去された・・・
私は、野村采配野球が何故かしら好きであった。試合運びの裏に仕組まれた「野村理論」が堪らなかった。詰碁を観ているような面白みがあった。
将に、野村野球は、戦国時代の知将が織りなす「合戦」とも錯覚する転回で面白かった。
晩年の試合後の記者との、一問一答もなかなか含蓄があって、スポーツニュースを楽しみにしたものである。

確か、ご尊父を戦争で亡くし母子家庭で育ったこと。テスト生としてプロの世界に入りし、艱難辛苦を乗り越えて、日本を代表する選手になり得たこと。名選手必ずしも名監督になれないと言われる世界で、名監督の名を欲しい儘にしたこと。そして最も評価されるのは、野球をこよなく愛する後輩選手を育て上げ、彼らが何れも現在の球界の指導者となっている事実である。師弟の絆があればこそ叶えられる姿である・・・

「野球しか知らないから、野球しか語らない。」と、足るを知った御仁の発言は力みが無く、清々しかった。専門外のスポーツまで解説をする御仁もおられるが、どうも説得力が欠ける。
出来れば、いま一度ユニホームを着て、球場で野村野球を見せて欲しかった・・・



テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

名画はいつまでも心に宿る
【青春の記憶2】 ピンレバ時計がコチコチと

 二十歳にして法律を学べる機会を得た私は、勇んで上京する際に長野駅まで送ってくれた義兄が、大学入学祝いにと金張りの角時計を腕から外して、「頑張れよ」と手渡してくれた。
 門出に戴いた金時計であったが、大学4年頃のある日のこと、時計はうんともすんとも動かなくなってしまった。大学近くの時計屋に修理を頼んだら、「修理は不可」とのことであった。今と違って時計が動かなくなると、改めて何か不便であると気が付いた・・・

 そこで、新宿に出たついでに、当時流行りのピンレバ時計を歌舞伎町の盛り場にある、時計屋と言うより雑貨店で買い求めた。今までの時計と違って、毎日ネジをくれることが、自動巻きに慣れていた私にとっては苦痛となった。更にピンレバ時計の難点は、時を刻む歯車の「コチ・コチ」音が大きいことであったが、日中の都会の雑踏のなかでは「コチ・コチ」音は、一向に苦にならなかったが、静かな図書館や寝る前に時計を外して卓上に置くと、「コチ・コチ」音は、はっきりと目覚まし時計に負けないくらいの「コチ・コチ」音に聞こえた。

 悲劇は突然襲うものである・・・
 それは、「暗くなるまでまって」という、オードリーヘップバーン主演のサスペンス映画を鑑賞する機会を得たときのことであった・・・
 ストーリーが転回して愈々クライマックス時に入る前に、「これから数分間は、映画を盛り上げるため、劇場内の非常口灯を消灯し、場内は音も光も無くなる企画です。どうかご協力ください。」とスクリーンに表示されて映画が再開された・・・

 ところが、ところが私の腕時計の「コチ・コチ」と刻む音が、静かな場内に俄かに響くではないか。私の付近の観客から「時計がうるさい!」と怒鳴られる始末である。私は腕時計を外して背広のポケットに入れたが、「コチ・コチ」音は一向に消えない。あちこちのポケットに移すも、「コチ・コチ」音が一向に消えない。私は焦りながらも考えた末、革靴を脱いで時計をハンカチで包んで、靴の爪先に押し込み、更に私の足で靴のホドとしたら、「コチ・コチ」音は漸く静になった・・・
 
 そんなわけで、名画「暗くなるまでまって」のクライマックスシーンの前半は、てんやわんやと重なってスクリーンに目が行かず、筋書きもうつろとなってしまったが、、「コチ・コチ」音が静まった後半部分は、十分に映像を見入ることが出来た。

「ローマの休日」のヘップバーンと、この「暗くなるまでまって」のヘップバーンは、まるっきり別人であるかのように思えた。「ローマの休日」のヘップバーンは将に初々しい王女を漂わせる振る舞いに、少年であった私は無辜な王女に憧れを抱いたものであるが、「暗くなるまでまって」のヘップバーンは、演技派女優として成長されて、味のある大人の演技で盲目の女性を演じ切っていた。

「暗くなるまでまって」の映画の鑑賞は、とんだハプニングがあった分、余計に青春時代の忘れられない映画となった。




テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

インフルエンザ措置状況について
須坂市立小学校・中学校のインフルエンザ措置状況について


今晩あたりは、大荒れの天候になるのでしょうか。山を覆っている
雲は冷気の塊のように見えます。
高校入試も近づきつつあるこの時季、どちら様もインフルエンザにご注意下さい。

須坂市立小学校・中学校のインフルエンザ措置状況について
                  須坂市教育委員会令和2年1月24日発表
1.小学校
日野小学校  2松組、4年松組 各学級閉鎖
小山小学校  2年東組 5年東組 5年西組 各学級閉鎖
日滝小学校  1年東組 1年西組 各学級閉鎖
旭ヶ丘小学校 3年愛組 3年敬組 6年敬組 各学級閉鎖
高甫小学校  2学年  学年閉鎖
森上小学校  1年智組 学級閉鎖
※全市11校中6校に発症しております。

2.中学校
常盤中学校  1年1組 1年4組 各学級閉鎖
相森中学校  1年1組 1年3組 各学級閉鎖
墨坂中学校  3年3組学級閉鎖
※全市4校中3校に発症しております。


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ